カテゴリ: 自由形@鉄道模型

2018年7月27日、KATO 【D51 498 オリエント エクスプレス'88】〔品番2016-2〕が6年ぶりに再生産されました。

2010年に新規モデル化したD51 498〔品番2016-1〕をベースとし、2012年に登場した素晴らしい出来栄えでヤフオク等でプレミア価格で取引される程の人気でした。
8688a
KATO 【D51 498 オリエント エクスプレス'88】〔品番2016-2〕… ナンダ!?ナンカチガウゾ!!!(^^;

久々のオリエント エクスプレスねた♪ 

またまたアラヌことを企むオイラなのでした(`・ω´・+)d


続きを読む

それはKATOオリ'88の発売から欧州モデルが気になり始めた約10年前のコトでした。
BRAWAというモデルメーカーを知った時のことです。
東欧型のモデル化をメインとしていたメーカーで、見慣れない車種とモデルの精密感から興味を持ちました。
そんなラインナップの中、コレはナニ?的なカラーリングのDLに目が釘付けに!!
8427
時に2000年初頭。企業広告の全体ラッピングが流行り始めた頃のモデルだそぉです。
コレは果たして何の広告なんでしょうか?気になっていたものの『東欧型だし、CIWLとはどぉ考えても絡まないよなぁ』と判断してこのときは手を出しませんでした。
が、いつもココロの隅に引っかかっていた『気になる車』でした。。。


続きを読む


新春の初夢 なんか浪漫を感じるお年頃です。

何も知らなかった あの頃の妄想。。。

0253

それもまた【初夢】と言い切ってムリクリ話を進めますw

続きを読む

2012.6.17.車種追加・記事再編集

Pullman Orient-Express  プルマン オリエント エクスプレス(POE)
現代でCIWLを楽しめる数少ない列車です。
フランスはパリを中心に活躍する臨時特別列車でSNCFフランス国鉄が関与しています。

1930年代のCIWL全盛期のプルマン・エクスプレスは荷物車+厨房付きプルマンカー+厨房無しプルマンカーが基本編成でした。
現代のプルマン・オリエント・エクスプレス@POEはコート・ダ・ジュール型・プルマンカー WSP+CIWL鋼製食堂車をそれぞれ3、4両程度で組成しています。

poe-b

そんなPOEをイメージして既存Nゲージモデルをもとに自己解釈多めで再現してみました(^^;



続きを読む

前回〔VSOE~ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス〕のレギュラー牽引機@90年代バージョンをお送りしました。

フランス~スイス~オーストリア~イタリア~ベニスが基本ルートのVSOEです。
しかし年数回、特別運行としてイスタンブールへの延長運転。ベニス~ウィーン~ブタペストやベニス~プラハとかベニス~ローマなどといった区間運転を行ったりします。
またベニス~ドレスデン~パリなどの別ルートで運行など趣向を変えた運行も行います。
その際、各国の機関車が担当するのですが〔その国のとっておきな機関車〕などの登板もあったりします。


そこでオイラの趣向まるだしではありますが
〔もしかしたら・ありえるかも〕なVSOE牽引機をNモデルにて紹介いたします。

7202ciwl

CIWLとの縁が深いフランスから 動態保存機のCC7102との組み合わせ。
CC7100はLx寝台車を使用した〔Le Train Bleu 〕(ル・トラン・ブルー )を牽引していたので
コレ以上に無い!って程の組み合わせなのです。。。が・・・

続きを読む

↑このページのトップヘ