あらためて〔東京モノレール羽田空港線〕のご紹介。
0485

2018年現在、意外に多彩なカラーバリエーションが楽しめます。

2018年9月現在の東京モノレール羽田空港線は実にカラフルな車両達に恵まれています。
運行車輌は3車種あり、カラーバリエーションも豊富です。
運転間隔も短いので退屈せず『なにが来るかな♪』となかなか楽しい路線です。


【10000系】2014年デビューの最新形式。2018年9月現在6編成まで増殖中。
東京モノレール初のデイライトを採用。
6383
モノトーンの風景の中、妖しく輝く青色LEDのデイライトが印象的です。

7907
鈍く光る車体はアルミ合金@ダブルスキン工法。エッジを飾る鮮やかなグリーン帯が新鮮です。



【2000系】1997年デビュー。東京モノレール初のVVVF制御車。現在4編成が活躍中。
7923
《新製時塗装》[2000形@初代カラー]
1997年の新製時に纏っていたカラーリングです。
白地に赤帯で車端部を大胆にコバルトブルーで塗り分けていました。



6494
《新リニューアル塗装》[2000形@2代目カラー]
2014年に開業50周年を向かえ、新製車10000系が導入されたのをキッカケとした
新たな50年のスタート』として《新リニューアル》が実施されました。
一部の1000形・2000形に実施された《新リニューアル》は座席を10000形と同じ柄のモケットに張り替え、車体カラーを白地ベースに各車の乗降ドアと屋根上にパステルカラーをあしらった軽快なカラーリングを纏っています。



【1000系】1989年デビュー。東京モノレール初の6両固定編成。
16編成製造され2018年9月現在5編成が廃車。全車が置き換え対象になっています。
6148
《新製時塗装》[1000形@初代カラー] 
1989年新製時~2000年まで、白地に窓周り黒・窓下に赤帯のカラーリングでした。



6355
《リニューアル塗装》[1000形@2代目カラー] 
2000年から現在でも残るカラーリングです。
白地に窓周り黒、水色とオレンジ色のライン・アクセントが入っています。



7875
《新リニューアル塗装》[1000形@3代目カラー] 
2015年以降《新リニューアル》を施した車両は、白地に青・緑系のパステルカラーを施した軽快なカラーリングになりました。



0484
《500形復刻塗装》[紅白@復刻カラー]
2014年1月に1019Fに施された東京モノレール開業50周年記念事の紅白@復刻カラーです。

『1969~1991年に活躍した500形に施されていた紅白カラー』を[ヒストリートレイン]としてアレンジしたカラーリングです。
18082001
1980年代の東京モノレールは紅白カラーでした。
なんとも実用重視な前面の700形。それもそのはずでこの当時2両編成X3本の6両で運行されていました。
必然的に連結運転となります。現代なら電気連結器を採用となりますが、当時はジャンパー線が常備されていてます。ジャンパー栓の位置が高いのは
跨座式モノレールならではですね。


【東京モノレールぎゃらりぃ~】
7861
東京モノレールといえば水辺沿い!ってイメージが濃いかと。


7955
タワーマンションがボッコボコ立つ昨今・・・モノレールが低く感じます。


6542
首都高バトルw


6166
1000形トップナンバー車なんですが、車内を見てみると・・・
6171
外見は2代目カラーなんだけどシートモケットと吊り手が交換されています。
新リニューアル車とは違うモケットなので別メニューかと思われ。。。


3648

復刻紅白カラーの屋根上の赤帯。。。80年代の全日空@モヒカンを連想しちゃいます♪


3671
東京モノレールはポケモンとコラボするのがお好きのよぉです。


7868
芝浦アイランドでの撮影ですが、ココは,まぁ~,セレブってますw綺麗でヨイですけどね♪


6607
月がキレイですね(^^♪ 


《ちょほいと寄り道》
1980年代末期だと思われる紅白カラー@701の画像・・・構図的にはホント何も考えてない実につまらない写真です。
ところが、なんと!?歴史的な光景が写り込んでいました!!!

↓左端に写り込んでいるこの建造物、判りますよね?
18082002
そぉです!レインボーブリッジ@絶賛建設中なのです!
まだケーブルが設置してないので1989年末だと思うんだけどなぁ~ハッキリワカリマセン(^^;
こんなコトが無ければまず表に出なかったボツ写真なんですけどね~
教訓:とりあえずシャッター切っとけw


以上、別頁【立体軌道。進撃のTM編】の補足説明的要素が濃ゆい
東京モノレール羽田空港線の紹介でした。