2018年、平成最後の夏。

あっ暑いですなぁ~(;´▽`A"
8832
どんぞ皆様、平成最後の夏を無事乗り切れることを祈ってくださいね(;´Д`A "`
え”お見舞いされる側なんだ!w


去る2018年8月4~13日に宇都宮@大谷町の【器とギャラリーさんて】サンで開催した
ホソカワカオリ-作陶展-へ出かけてみました。
8719

今回は『ひまわり』があったので、ひさびさに益子通信してみます。( *´ノェ`)コチョーリ


続きを読む

2018年7月27日、KATO 【D51 498 オリエント エクスプレス'88】〔品番2016-2〕が6年ぶりに再生産されました。

2010年に新規モデル化したD51 498〔品番2016-1〕をベースとし、2012年に登場した素晴らしい出来栄えでヤフオク等でプレミア価格で取引される程の人気でした。
8688a
KATO 【D51 498 オリエント エクスプレス'88】〔品番2016-2〕… ナンダ!?ナンカチガウゾ!!!(^^;

久々のオリエント エクスプレスねた♪ 

またまたアラヌことを企むオイラなのでした(`・ω´・+)d


続きを読む

2018.08.13. 車止め画像追加
2018.07.22. 初号投稿

栃木県にある第三セクター鉄道会社・真岡鐡道。JR水戸線@下館駅から茂木駅まで約42kmを結び、蒸機の動態運転も行っています。
下館から16.4kmのところにあるのが真岡鐡道の中心基地が真岡駅です。
SLキューロク館を中心に蒸機の聖地としてそこそこ定着してきました。
7981
動力源に蒸気ではなく圧縮空気を使って動態展示を行うキューロク@49671号機。
さすがテンダー機!迫力はC12の比ぢゃねーな(^^;

そんな真岡駅の魅力を過去を振り返りながらご紹介します。


続きを読む

それはKATOオリ'88の発売から欧州モデルが気になり始めた約10年前のコトでした。
BRAWAというモデルメーカーを知った時のことです。
東欧型のモデル化をメインとしていたメーカーで、見慣れない車種とモデルの精密感から興味を持ちました。
そんなラインナップの中、コレはナニ?的なカラーリングのDLに目が釘付けに!!
8427
時に2000年初頭。企業広告の全体ラッピングが流行り始めた頃のモデルだそぉです。
コレは果たして何の広告なんでしょうか?気になっていたものの『東欧型だし、CIWLとはどぉ考えても絡まないよなぁ』と判断してこのときは手を出しませんでした。
が、いつもココロの隅に引っかかっていた『気になる車』でした。。。


続きを読む

↑このページのトップヘ